ドラマ『オビ=ワン』で、ファンなら名前を知るタトゥイーンのあの街が登場?

2022/03/16

オビ=ワン

t f B! P L
情報サイトStar Wars News Netが、ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』に、タトゥイーンの町「アンカーヘッド」が登場すると報じた。

この名前は、『新たなる希望』でルーク・スカイウォーカーが初めて口にしたものだ。登場が実現すれば、45年の時を超えて、初の実写化となる。

『オビ=ワン・ケノービ』では、アンカーヘッドが交通の要所として機能するようだ。オビ=ワンは、タトゥイーンから離れるためにこの町を利用する。予告編やスチル写真に登場する、審問官の場面はすべてアンカーヘッドにおけるものであるとのこと。

『ボバ・フェット』では、『新たなる希望』の削除シーンよりトシ・ステーションが復活している。タトゥイーンが今一度脚光を浴び、拡張されているのは、スター・ウォーズ世界の広がりを感じる。

ブログ内検索

過去の記事

注目の投稿

【海外の反応・レビュー・豆知識】『バッド・バッチ』シーズン2 第六話「部族」【ネタバレ】

Profile


ジェイK
スター・ウォーズが大好きで、布教に励むファンです。普段は、主にTwitterに生息。書籍も読み漁るオタクで、スター・ウォーズなら、何でも好みます。レジェンズ作品から最新ドラマまで、全ての作品に肯定的!

Twitter
YouTube

QooQ