アナキンの再演は“自然なこと”で、オビ=ワンとの再会は“特別だ”とヘイデン

2022年3月31日木曜日
『オビ=ワン・ケノービ』で再びアナキン・スカイウォーカー(ダース・ヴェイダー)を演じるヘイデン・クリステンセンが、はるかかなたの銀河への帰還についてのインタビューを受けた。


「細かいことは抜きにして、素晴らしいものでした。あのスーツを着ることができて、とても光栄です」とクリステンセンはEntertainment Weekly誌の最新刊で語る。

「このキャラクター(ヴェイダー)とは多くの時間を過ごし、彼について多くを知っています。多くの点で、この作品に戻ることは自然なことでした。そして、この時系列のダース・ヴェイダーを演じることに、とても興奮しました。このキャラクターとの旅が、時の流れに沿って続いているように感じます。僕にとって、とても意味のあることでした」

クリステンセンが、ヴェイダーを最後に演じたのは2005年公開の『シスの復讐』で、間には長い空白があった。しかし彼は、ユアン・マクレガーと再び一緒に仕事をするのは故郷に帰ってきたような気分だと語る。

「この経験全体がとても非現実的でした。とうとう、“帰ってきた”という感じです。貴重な機会に、ユアンも僕もとても感謝しています。スター・ウォーズのプロジェクトでは、興奮を分かち合えるのが嬉しいですね。誰もがその場にいることを心から楽しんでいる。その活気を感じられることは、本当に特別なんですよ」
 

さらに、オビ=ワンとヴェイダーの再会については、ネタバレできない立場だと前置きしつつも、「ユアンによるオビ=ワンの再演を見たのは、僕にとって特別な瞬間で、とてもとても長い間、記憶に残るものだったということは言えます」と語った。
二人の共演シーンが、ドラマに登場すると考えていいのだろうか。

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』は5月25日から、ディズニープラスで配信開始予定 。

コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿