【海外の反応】ドラマ『キャシアン・アンドー』第十一話「フェリックスの娘」

2022年11月16日水曜日

     


  • タイトル「フェリックスの娘(Daughter of Ferrix)」
  • 監督:ベンジャミン・キャロン
  • 脚本:トニー・ギルロイ
  • 前回:第十話


海外の反応




1、海外のSWファン
ビーのせいで、俺の心が傷ついた
いやー、『キャシアン・アンドー』は、別次元の出来栄えだ。


2、海外のSWファン
「一人になりたくない。マーヴァが恋しい」
喋れる犬みたいだね。


3、海外のSWファン
小さなドッキングステーションに座っている彼は、飼い主が帰ってこないことを悲しんでいるペット用のベッドに座っている犬のようだった。一人になりたくないんだよね。


4、海外のSWファン
ドロイドが感情的になってきている姿は、心に残る。B2は今までで一番人間らしいと思う。悲しむし、孤独も感じる。


5、海外のSWファン
B2EMOと呼ばれるのは、私たちにエモさを与えてくれるからだ。




6、海外のSWファン
エイリアンが出てきたぞ!
もう文句言うなよ


7、海外のSWファン
アァァァとしか喋れないエイリアンに、必死に懇願する姿は笑える


8、海外のSWファン
クアッドジャンパー!
『フォースの覚醒』のビジュアル・ディクショナリーで一番好きな船だ。




9、海外のSWファン
モン・モスマの精神的ストレスが伝わってくる...
このシリーズに彼女を登場させてよかった


10、海外のSWファン
モスク分隊長のシリル・カーンへの忠誠心が妙に魅力的だ。
キャリアを潰されたのに、シリルをまだ助けようとしてる。

>>10
モスクはまだ彼を「サー」と呼び、シリルは彼を「分隊長」と呼んでいたのが良かった。ある意味、健全な感じ。彼らは別れたけど、まだ「仲間」である二人の男なんだね。古い習慣は、なかなかなくならないものだ。




11、海外のSWファン
ルーセンは、何でも屋だ。
昼は、美術品やアンティークのディーラー。
夜は、秘密の反乱軍リーダーで、今やトップ・ガンのパイロット。
サイコーだぜ!


12、海外のSWファン
ルーセンは、バット・モービルに相当する宇宙船に乗り込み、あらゆるガジェットを駆使している!




13、海外のSWファン
ルーセンがTIEを殺すのに使ったレーザー兵器は、マジでかっこよかった。


14、海外のSWファン
予告編で見たけど、宇宙船のライトセーバーはすげーな。カッコイイ。 


15、海外のSWファン
トラクタービームから逃れたルーセンが、貨物船だけでタイ・ファイターを撃退したのはカッコよかった。レーザービームの動きも最高!!


16、海外のSWファン
今回、一番面白かった台詞は、「チューブだ」(笑)




17、海外のSWファン
今回も素晴らしいエピソードだった。
ビーチで水平線を見つめているアンドーは、母親の死に直面している。
『ローグ・ワン』のラスト、ビーチで破壊が近づくのを見つめるキャシアンとジンに重なるね。

リンク

    【『キャシアン・アンドー』全体へのリンク
  
    【考察・感想・豆知識】
        第一話
        第二話
        第三話
        第四話
        第五話
        第六話
        第七話
        第八話
        第九話
        第十話
        第十一話
        第十二話

    【海外の反応】
        第一話・第二話・第三話
        第四話
        第五話
        第六話
        第七話
        第八話
        第九話
        第十話
        第十一話
        第十二話

画像は、ドラマ『キャシアン・アンドー』(2022年 Lucasfilm)より引用


コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿