【海外の反応】ドラマ『キャシアン・アンドー』第八話「ナーキーナ・ファイブ」

2022年10月27日木曜日

  


  • タイトル「ナーキーナ・ファイブ(Narkina 5)」
  • 監督:トビー・ヘインズ
  • 脚本:ボー・ウィリモン
  • 前回:第七話

海外の反応




1、海外のSWファン
銀河系への抑圧をうまく表現している。今まで見たことがない。帝国は暗闇の中の妖怪みたいなものだった。でも今は、見下している人々の命を踏みにじっている帝国の姿を目の当たりにしている。


2、海外のSWファン
このエピソードの「キーフ」の表情は、自分がいかに深く失敗したかを認識しているように見える。反乱軍を去ったことを含め、多くの失敗を思い返しているようだ。
とても優秀な彼は、自分自身が帝国のように図々しく、傲慢になってしまった。そのことが彼の脱出の原動力となるのか、気になるところだ。


3、海外のSWファン
アンドーが監獄工場の作業室に到着した時の編集が素晴らしい。パニックが伝わる。




4、海外のSWファン
このシリーズには演技派俳優が揃っていることに驚かされ続けている。スノーク役のアンディ・サーキスは嬉しい驚きだった。


5、海外のSWファン
囚人が自殺するシーンは予想外だったけど、帝国の刑務所がいかに残忍なシステムかを示すのに最適だった。


6、海外のSWファン
画面外で、男性ヌード?オレのスター・ウォーズで?絶対ない





7、海外のSWファン
刑務所内で会ったのは、メルシ?スカリフの戦いに参加してた反乱者だ!これからアンドーと同じ反乱軍への道を歩むことになるのか


8、海外のSWファン
ここは人類用の刑務所なんだろう。他の種族がいないのはそのせいという脳内設定




9、海外のSWファン
モン・モスマがペリンみたいなクソ男と一緒になったのは見合い結婚が原因だったんだな


10、海外のSWファン
モン・モスマの娘に何か仕掛けがあるんだろう?
これで彼女が突然登場するのは、3回目、いや4回目かな?製作者は、彼女が存在する理由を視聴者に意識させたいのだろう。


11、海外のSWファン
デドラのキャラクターはとても魅力的だ。彼女は自分の目的とそのために何をすべきかということに焦点を合わせていて、過剰に熱心な元企業戦士のセキュリティ・マニアの助けは必要ない。ビックスを尋問するときも、とても整然とした威圧感を与えている。
でも、シリルの活躍はまだまだ見られそうだね。




12、海外のSWファン
ソウが他の反乱軍グループとの仕事について暴言を吐いたのは怖かった!
ソウを演じるフォレストって本当に名優なんだなぁ。


13、海外のSWファン
フォレスト・ウィテカーは、画面に映っていたわずか数分間で狂気を醸し出していた。驚異的な存在感だ。


14、海外のSWファン
「自分の意見に同意する人と争うのは疲れないか?」 
ソウ・ゲレラに言いたいのはこれ。

>>14
それ、ツイッターじゃん


15、海外のSWファン
このエピソードには10点満点で、「THX-1138」点!


リンク

  
    【考察・感想・豆知識】
        第一話
        第二話
        第三話
        第四話
        第五話
        第六話
        第七話
        第八話
        第九話
        第十話
        第十一話
        第十二話

    【海外の反応】
        第四話
        第五話
        第六話
        第七話
        第八話
        第九話
        第十話
        第十一話
        第十二話

画像は、ドラマ『キャシアン・アンドー』(2022年 Lucasfilm)より引用

コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿