【海外の反応】ドラマ『キャシアン・アンドー』 第九話 「誰も聞いちゃいない!」

2022年11月2日水曜日

   



  • タイトル「誰も聞いちゃいない!(Nobody's Listening!)」
  • 監督:トビー・ヘインズ
  • 脚本:ボー・ウィリモン
  • 前回:第七話

海外の反応





1、海外のSWファン
これは間違いなく、私が今まで見た中で最も暗い帝国の描写だ。レジェンズでこれを超えるものがあったのか分からないが、とにかくすげーよ。


2、海外のSWファン
あの刑務所を見るたびに閉所恐怖症になりそうで怖い。このドラマが大好きだ。


3、海外のSWファン
医者まで囚人だったとは


4、海外のSWファン
シリルがデドラに詰め寄るシーンは、気まずくて、よかった。
来週への布石はバッチリだ。
この番組のテンポが遅いと言っている人たちは、何もわかっていない。今までで一番早い50分だったよ。戦いがない、アクションがない、そんなことでペースが遅い番組とは言わないよ。
この番組が大好きだ。そして、今回も信じられないくらい良いエピソードだったよ。


5、海外のSWファン
この番組は、帝国がさらにめちゃくちゃカッコいいので、飽きない。有能な帝国人を見ていると、新鮮な気持ちになるね。




6、海外のSWファン
尋問ドロイドが出るのかと思ったけど、さらにひどい目にあったね。
死にゆく子供たちの悲鳴とは、想像以上に暗い。


7、海外のSWファン
素晴らしい!ビックスが拷問されてる時の叫び声から、刑務所のドリルの音の間へのシーンの移行は、最高の構成だ!
このようなサウンド・デザインの使用は、とにかく素晴らしい。


8、海外のSWファン
拷問シーンのアイデアが面白い。想像を絶する悲鳴が、人を狂わせるというアイデアが好きだ。マジサイコー。


9、海外のSWファン
『フォースの覚醒』以来の、古き良きスターウォーズの拷問シーンだね。
あのゴーストとかいう男は、魅力的な奴に見える。


10、海外のSWファン
ビックスが拷問されているショットが、廊下を歩く帝国軍のブーツに切り替わるところが、『EP4/新たなる希望』でレイア姫が拷問してい場面と同じだね。絶対こだわってるわ。




11、海外のSWファン
ヴェルって、モン・モスマのいとこだったのか。


12、海外のSWファン
「夫探しは?」と言われたヴェルに対して、モン・モスマが微笑んでいる。
彼女は、ヴェルがレズビアンだと知ってるようだね(笑)




13、海外のSWファン
安らかに眠れ、ウラフよ

>>13
「名前は知りたくない」


14、海外のSWファン
釈放されても、すぐに戻されるという噂が広まり、フロア全体が虐殺されてしまった・・・


15、海外のSWファン
「多くて12人だ」。マジで、鳥肌が立った!

>>15
キノのシーンは完璧だった。帝国は自ら反乱者を作り出し 自らの破滅を作り出した


13、海外のSWファン
キノはもう、大好きなスター・ウォーズのキャラクターの一人だ。
アンディ・サーキスは、エミー賞当確だな。


14、海外のSWファン
アンディ・サーキスが、真相を知った後に、覚悟を決める演技がとても良い。


15、海外のSWファン
おいおい、シリルとデドラが最強のカップルになるなんて!


リンク

    【『キャシアン・アンドー』全体へのリンク
  
    【考察・感想・豆知識】
        第一話
        第二話
        第三話
        第四話
        第五話
        第六話
        第七話
        第八話
        第九話
        第十話
        第十一話
        第十二話
    【海外の反応】
        第一話・第二話・第三話
        第四話
        第五話
        第六話
        第七話
        第八話
        第九話
        第十話
        第十一話
        第十二話

画像は、ドラマ『キャシアン・アンドー』(2022年 Lucasfilm)より引用





コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿