【海外の反応】ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』 最終話 パート6

2022年6月22日水曜日

 


『オビ=ワン・ケノービ:パート5

  • 監督:デボラ・チョウ
  • 脚本:ジョビー・ハロルド、アンドリュー・スタントン、ホセイン・アミニ、スチュアート・ビーティー
  • 前回:パート5

海外の反応



1、海外のSWファン
ヘイデンとジェームズ・アール・ジョーンズの声のミキシングが思いのほかサイコーだった。

>>1
アニメ『反乱者たち』でヴェイダーとアソーカが戦ったとき、ジェームズ・アール・ジョーンズとマット・ランター(アニメのアナキンの声優)で同じことをやっていたね。

>>1
鎧の下はアナキンだと思いにくいことがあるが、それをしっかり描写してくれた。


2、海外のSWファン
半分だけヴェイダーの方が怖い

>>2
「お前はアナキンを殺していない」と言った時、ヴェイダーは笑っていなかったか?
恐ろしい



3、海外のSWファン
アナキンの顔が半分あらわになったときのオビ=ワンの顔。すごく美しかった

>>3
涙が出た。アナキンの破滅があまりにも悲劇的で、マスクの奥の彼の顔を見るのは興奮した


4、海外のSWファン
アソーカがマスクの左側を壊し、オビ=ワンが右側を壊したのは皮肉なものだ

>>4
そしてルークが暴力を使わずに、全部を外した・・・。



5、海外のSWファン
2本指だ!?

>>5
そして、彼は言ったんだ!
ダースと

>>5
そして、やあ(Hello there)も


6、海外のSWファン
「ケノービが全て」から「ケノービは何の意味も持たない」へ
いいね

>>6
パルパティーン皇帝がヴェイダーを支配していることを示す描写で、『EP6/ジェダイの帰還』での彼の犠牲がより衝撃的なものになった。アナキンはジェダイ・オーダーにはほとんど反発していたが、ヴェイダーはマスターの命令で完全に態度を変える。


7、海外のSWファン
エピソード4のヴェイダー「ついにこのクソ野郎も年老い、倒せるほど弱くなったか」
という感じだな。


8、海外のSWファン
インペリアル・マーチに、フォースのテーマ・・・素晴らしいフィナーレだ。


9、海外のSWファン
ルークが意識不明で良かった。
リーヴァライトセーバーを見なかったので、矛盾が生じなかった。


10、海外のSWファン
『EP3/シスの復讐』の引用である「使命を果たす」と「ならば、死ぬがいい」は、ストレートな演出だった。



11、海外のSWファン
だからリーヴァは大審問官にはなれないんだ。彼女は男を殺すことができる。女たちを殺すことができる。しかし、子供を殺すことはできない。


12、海外のSWファン
ヴェイダーのマスクを通して ヘイデンの声を聞けたのが、このドラマで最高の瞬間だ。



13、海外のSWファン
元老院だ(訳注:パルパティーンが、EP3で「私が元老院だ」と言ったことから)

>>13
どういうわけか、元老院が戻ってきた


14、海外のSWファン
アナキンの親友が、マスクの奥にある彼の目を見て、まだ彼に訴えかけようとするのは、スター・ウォーズの映像作品で2回目だが、それがいい。『反乱者たち』への言及が好き。


15、海外のSWファン
オビ=ワンはヴェイダーをHP1のまま放置するのをやめた方がいいだろ(笑)
理由がない。彼は今、惑星オルデラーンにおける何百万人もの死に対して、責任を負っているぞ。



16、海外のSWファン
「ダース」☑
「やあ(Hello there)」☑
「マスター・クワイ=ガン!」☑


17、海外のSWファン
人が人を殺すとき、その人の死を確認することは許されない、というのは、スターウォーズのルールなのか?


18、海外のSWファン
「なすべきことをなす」と言いながら、『EP3/シスの復讐』の構え。震えたね。



20、海外のSWファン
すげーな。超いい戦いだった。誰が何と言おうとね。ライトセーバーの戦いではトップクラスだ。アナキンは、二度も過去に負けた。自分の息子が彼を光に戻す描写は、もっと重要になった。


21、海外のSWファン
ベルー叔母さんは、走り回っているだけじゃん


21、海外のSWファン
パルパティーン皇帝とクワイ=ガンがいる!!!


22、海外のSWファン
グリーヴァス将軍がかわいそうだ。
もし彼が生きていたら、タトゥイーンで、ライトセーバーをたくさん見つけられたのに。



 リンク

【感想・考察・豆知識】ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』


【海外の反応】ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』


ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』関連記事


画像は、ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』(2022年 Lucasfilm)より引用

出典 出典 出典

コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿