【海外の反応】ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』 パート2(第二話)

2022年5月28日土曜日

 


『オビ=ワン・ケノービ:パート2

  • 監督:デボラ・チョウ
  • 脚本:ジョビー・ハロルド、ホセイン・アミニ、スチュアート・ビーティー
  • 前回:パート1
  • 次回:パート2


海外の反応



1、海外のSWファン

「どうかお恵みを。元兵士にあったかい飯を食わせてくれよ」

私の好きな部分の一つ。オビ=ワンは、クローンもジェダイも帝国に捨てられた同じものとして見ているところです。


>>1

彼のチップはまだ有効なのだろうか。


>>1

テムエラだったという事実!素晴らしいカメオ!まさかの展開。


2、海外のSWファン

クローンベテランを見て泣きそうになった。501のメンバーだったのがさらに心に来る展開。


>>2

テムエラの演技を見て、ヘルメットを外したクローンの登場が今後増えることが確定したな。まさか、あのシーンのためだけにテムを復活させたわけではないだろう。


3、海外のSWファン

退役軍人のホームレスのクローンを見て、本当に心が痛かった。

共和国は、戦争をするためにクローンを作って、戦争が終わったら、帝国は何も与えずに捨てた。


>>3

あのヘルメットは、ジェダイ聖堂を襲撃したクローン・トルーパーがかぶっていたヘルメットにも見えたね。


4、海外のSWファン

オビ=ワンがホームレスのクローンにお金をあげた展開に、興奮したよ


>>4

PTSDが悪化しているのがわかって、いいシーンだった。

 


5、海外のSWファン

オビワンがずっとアナキンが死んだと思い込んでたという設定は、考えものだな。


>>5

流石に「ダース・ヴェイダー」については何か聞いているのではと思った。


>>5

アウター・リムの砂漠の惑星の洞窟に住んでいるから、良い無線LANがないんだろうな


>>5

個人的には、このテイストが好きだ。オビ=ワンは、自分がジェダイと共和国を崩壊させた共犯者で、アナキンを死なせてしまったという考えに10年間悩まされてる。

だが、彼は罪悪感に対処しようとしなかった。責任を覚えながらも、帝国が銀河中で暴れている事実を知りたくもない。

その代わりに、顔を下げながら溶け込み、ルークを守ることが償いをする唯一の方法だと思い込もうとしている。


6、海外のSWファン

オビ=ワンがアナキンが生きていることを知るシーンは、これ以上ないほど完璧だった。彼の目に浮かぶ恐怖には、ゾクゾクしたね。

アニメのアソーカのように気絶しなくてよかった。本当にあれは酷かった。


7、海外のSWファン

リーヴァがヴェイダーがまだ生きていると言ったシーンで、ユアンは大成功を収めた。10点満点中10点。あの瞬間はすごかった。


>>7

『EP6/ジェダイの帰還』で、ヴェイダーがレイアのことを知ったときのルークのリアクションを思い出したよ。


8、海外のSWファン

レイア: 衝動的に行動し、皆を危険にさらす。

オビ=ワン:「うん、彼女はやっぱりスカイウォーカーだ」



10、海外のSWファン

オビ=ワンがまた「アナキン」って言ってる……胸熱


>>10

胸が張り裂けそうなほど切ない声だった。本当にアナキンを愛していたことが声から伝わってくる。ユアンの演技は素晴らしい!


11、海外のSWファン

あのクローンがオビ=ワンを認識してないわけがない。

CGではないクローン・アーマーはアンドーが最初だとみんな思ってたけど、オビ=ワンに先を越されたみたいだね。



12、海外のSWファン

ハジャに対して、オビ=ワン 「光は法外に値が張るもんだな」笑


>>12

このシーンが大好き。また、フォースを手品で再現するシーンには笑った。



13、海外のSWファン

オビ=ワンがレイアに、パドメを思い出すと言っていて、号泣した。


14、海外のSWファン

「レイア、待て!」

「レイア、だめだ!」

「レイア、待て!」

「レイア、だめだ!」


15、海外のSWファン

レイア役の子役の演技はとても的確だ。キャリーみたいに生意気。



16、海外のSWファン

大審問官は初めて知るんだろうね。「死よりも悪いことがある」ってことを。


17、海外のSWファン

最初の4分の総集編の後、一時停止して自分を落ち着かせないと二話目を見られなかった。すごい作品だ。



18、海外のSWファン

ヴェイダーがバクタ・タンクに居る最後の映像!

ヤバすぎるぜ。


19、海外のSWファン

オビ=ワンが髭を剃っていれば、大体問題解決じゃね?


20、海外のSWファン

もう1/3が終わってしまったのが残念。


出典 出典


コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿