【ネタバレ】オメガ生誕の謎とその能力を脚本家が明かす。『バッド・バッチ』S3では完全な答えが示される

2024/02/16

NEWS バッド・バッチ

t f B! P L

『バッド・バッチ』シーズン3で主任脚本家を務めるジェニファー・コーベットがYouTubeのインタビューにて、オメガが「フォース感能力」を持っている可能性を認めた。

シーズン3の第8話までを先行試聴した(と思われる)Develuxが「文脈からして、オメガは高いM値(今までの設定からするとこれはミディ=クロリアン値)を持っていますよね。ネタバレにならない範囲でそのことについて教えてください」と触れると、コーベットは「みんなその言葉に注目しますよね。シーズン3の終わりまでにバランスのとれた答えが用意されていますよ」と返した。

以上のことから、オメガが高いM値を持っていることは事実だと思われる。つまり、オメガはフォース感能力を持っている可能性が高い。

フォース感能力を持つクローンの研究は、『スカイウォーカーの夜明け』や『マンダロリアン』のテーマになってきた。『スカイウォーカーの夜明け』に登場した、スノーク、クローンのパルパティーン皇帝、パルパティーンの“息子”は高いM値を持たせようとしたクローン(正確には人造人間ストランド=キャスト)の“失敗作”である。その失敗を乗り越えた成功作として、パルパティーンの“息子”の娘(=孫娘)であるレイが居た。また、『マンダロリアン』のモフ・ギデオンはグローグーの遺伝子を狙うことで、フォース感能力の高い自分のクローンを作成しようとしていた。その特殊なクローン(ストランド=キャスト)の作り方も『マンダロリアン』シーズン3で明かされた


また、マイナーなネタバレではあるが、序盤にクロスヘアがバッド・バッチと再会することも明かとした。

オメガがフォース感能力者である可能性を示したことは、本作『バッド・バッチ』シーズン3が、クローン技術という横糸ですべてのスター・ウォーズ作品を繋げようとしている証左であろう。本作は、2/21に配信開始だが、重要作になりそうだ。

筆者:ジェイK

ブログ内検索

注目の投稿

【海外の反応・レビュー・豆知識】『バッド・バッチ』シーズン3 第12話「ジャガーノート」【ネタバレ】

Profile


ジェイK
スター・ウォーズが大好きで、布教に励むファンです。普段は、主にX(旧Twitter)に生息。レジェンズ作品から最新ドラマまで、スター・ウォーズなら何でも好みます。全ての作品に基本は肯定的!

旧Twitter/X
X サブ垢
YouTube
Instagram
Bluesky