『マンダロリアン』S3で、ボ=カターンとギデオンは象徴的な鎧を手に入れる

2022年6月5日日曜日


『マンダロリアン』シーズン3では、今まで活躍してきたボ=カターンとモフ・ギデオンが新たなアーマー(鎧)を手に入れるようだ。実績を持つ情報サイト、MSWが信頼できる情報として伝えた。


※ネタバレ注意


『マンダロリアン』シーズン3の終盤では、全てのマンダロリアン氏族が団結し、戦う。そして、神話の獣であるミソサウルスを倒すことになる。


この中で、ボ=カターンはリーダー的なポジションになるようだ。実際に、「Star Wars: Celebration 2022」で、ボ=カターンがマンダロアの“王座”に座っている映像が公開された。


ミソサウルスを倒した後、アーマラーはこの竜から新たなアーマーを作る。そして、そのアーマーをリーダーとなったボ=カターンが手に入れる。


マンダロリアンのアーマーは、本来は先祖代々受け継ぐものだ。それが、新しいものになったということは、新しい時代の始まりを表すだろう。


さらに、あのモフ・ギデオンも、シーズン3で、新しいマンダロリアンのアーマーを手に入れる。今までの衣装にマッチした黒いヘルメットを彼はかぶることになる。アーマラーのヘルメットのような角に、伝統的なT字型のバイザーが付いている。



『マンダロリアン』シーズン3では、マンダロリアンの文化がさらに深く描かれ、王座を巡った争いが見られそうだ。配信は2023年2月。今から、待ち遠しい。


出典

コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿