【今週のスター・ウォーズ ニュース】4/24〜4/30

2022年4月30日土曜日



ニュース

ドラマ『オビ=ワン』の新画像とインタビューが公開

配信開始まであと1か月となり、画像と多くのインタビューが公開された。
スター・ウォーズのファンダムは、盛り上がりつつある。

2Dアニメ『クローン大戦』が5/4より配信



5月4日より、日本のDisney+でも、2Dアニメ『クローン大戦』が配信開始!
このアニメは、『クローン・ウォーズ』制作前の2003年に、EP2とEP3を繋ぐ作品として、ルーカス監修の下で作られた。
アナキンのジェダイ騎士昇格やメイスの活躍、グリーヴァスの咳の理由などが描かれる(今はレジェンズだが)。

ボバ・フェットの舞台裏映像が5/4に公開


5月4日、SWの日には、ドラマの舞台裏に迫るドキュメンタリー『ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:ボバ・フェット The Book of Boba Fett』も配信される。
無事に、日米同時配信となる模様。

スター・ウォーズの漫画が、ビックガンガンで掲載



日本人漫画家によるスター・ウォーズの漫画が、5月25日発売の月刊ビッグガンガンVol.06より連載されることが正式発表された。
以下、リスト。

・『マンダロリアン』連載 大沢祐輔 作
・『The Elder』、白浜鴎 作
・『のらうさロップと緋桜お蝶』、春壱 作
・『九人目のジェダイ』、大沢祐輔 作
・『The Twins』 左藤圭右 作


新アニメ『Tales of the Jedi』の存在が判明

タイトルだけが明らかとなっていた『Star Wars: Tales of the Jedi』は、“短編アニメーション・アンソロジー”だと判明した。

SWアニメの柱、デイヴ・フィローニも携わっているようだ。

アニメ『ビジョンズ』と似た構成だが、正史のジェダイを描く作品であるということか? 

その他の映画やアニメ、ドラマ、ゲーム作品の公開予定は、こちら


作家のチャールズ・ソウルが、クリエイティブ・コンサルタントに昇進!

『シスの暗黒卿』、『The Rise of Kylo Ren』、『Crimson Reign』等でスピンオフを引っ張ってきた彼は、今後ドラマやアニメにも携わる模様。

『ジェダイの光』の著者でもあるので、ハイ・リパブリック時代の作品に協力する? 


エズラ・ブリッジャーを実写で演じる俳優が決定


ドラマ『Ahsoka』と、さらに続く実写プロジェクトに、エズラが登場する模様。

メナ・マスードをエズラ役として推す声も大きいが、果たして…?


スローン大提督を実写で演じる俳優が決定



『マンダロリアン』で仄めかされたように、スローン大提督は、ドラマ『Ahsoka』のメインの悪役となると噂されている。

だが、『反乱者たち』で声優を務めたラース・ミケルセンがそのまま俳優も務めるわけではないようだ。


ドラマ『Andor』は、計3シーズン

ドラマ『Andor』の撮影監督Adriano Goldmanによると、このドラマは「当初は5シーズンの予定だったが、計画変更により3シーズンで終了することになった」そうだ。

成功作『ローグ・ワン』のスピンオフということで、力が入ったドラマとなりそうだ。


映画『Rogue Squadron』は、2023年公開予定で変更なし

2023年12月に公開予定の映画『Rogue Squadron』の制作の動きは見られないが、公開日延期の予定はなし。

だが、監督はパティ・ジェンキンスから交代か?

5/26〜の祭典Celebrationで続報がありそう。なお、期待度も高くないため、もはや制作されないとの見方もある。


直近のスター・ウォーズの計画について

ドラマ『Ahsoka』は、まもなく撮影開始か。寺院の遺跡のようなセットあり。

R2と3POが中心のアニメ『A Droid Story』は、モーションキャプチャーを多用。活発な制作が行われている。

この二作は、来年配信か?

コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿