『オビ=ワン』の新尋問官レヴァは、SWのテーマを物語にもたらす重要な役柄

2022年4月18日月曜日
ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』には、新たな女性尋問官レヴァ(Reva)が登場する。元ジェダイであるレヴァの人間性と行動は、ジェダイ・マスターが主人公となるこのドラマに大きな影響をもたらす。彼女の視点は、物語に一つの“テーマ”をもたらしそうだ。リークサイトのMakingStarWarsが伝えた。

※以下、ネタバレ注意


このシリーズでは、レヴァの過去についてのフラッシュバック・シーンがある。家族から引き離された幼少期、ジェダイの戦士となった青年期、オーダー66への恐怖、そして帝国のために働く選択を迫られる姿が描かれる。

また、視聴者は、レヴァと他の尋問官との関係も目撃することとなる。大審問官は、レヴァの能力を疑問視し、フィフス・ブラザーとレヴァを対立させる。

そんなレヴァに、オビ=ワンは共感している。オビ=ワンは彼女の行動に賛成してはいないが、元ジェダイがなぜそのように感じ、なぜ行動するのか理解している。

この二人は刃を交えることもあるが、やがてオビ=ワンは正しいことをするレヴァに信頼を置く。それは彼女に大きな犠牲を強いるだろう。

彼女の行動の詳細については明らかになっていないが、記事によると、レヴァは「罪のない小さな子ども」を殺せるような人間ではないようだ。オビ=ワンがルークやレイアを守るために行動することを考えると、レヴァがどちらかを助ける展開になるのかもしれない。


レヴァは悪役でありながら、完全な悪者ではないようだ。そのキャラクター性は、ゲーム『フォールン・オーダー』の尋問官“セカンド・シスター” トリラを思い起こさせる。ゲームや映画で描かれてきたスター・ウォーズの大本のテーマである「贖罪」をレヴァも行いそうだ。そんなレヴァが、ドラマでオビ=ワンにどのような影響をもたらすのか楽しみだ。

コメント

0 件のコメント :

コメントを投稿